オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
信長の野望・大志公式サイトへ
  • コーエーテクモゲームス
  • 発売日:2017/11/30
  • 価格:通常版:9800円(+税)
    TREASURE BOX:1万3800円(+税)
    GAMECITY & Amazon.co.jp限定セット:5万2800円(+税)
読者の評価
32
投稿数:9
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「信長の野望・大志」の舞台第2弾「冬の陣 王道執行〜騎虎の白塩編〜」の公開稽古をレポート。第三弾「最終章 本能寺の変」も発表に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/10/30 13:09

イベント

「信長の野望・大志」の舞台第2弾「冬の陣 王道執行〜騎虎の白塩編〜」の公開稽古をレポート。第三弾「最終章 本能寺の変」も発表に

 コーエーテクモゲームスのシミュレーションゲーム「信長の野望・大志」PC/PS4/Switch/iOS/Android)の舞台化シリーズ第2弾「信長の野望・大志 冬の陣 王道執行〜騎虎の白塩編〜」の公演が,2018年11月8日よりスタートする。公演開始に先駆けた10月29日,メディアを招いた公開稽古が行われたので,その模様をお伝えしよう。

画像(001)「信長の野望・大志」の舞台第2弾「冬の陣 王道執行〜騎虎の白塩編〜」の公開稽古をレポート。第三弾「最終章 本能寺の変」も発表に

 今回の物語は,「信長の野望・大志」の舞台化第1弾「信長の野望・大志 天下布武 〜金泥の首編〜」にて浅井・朝倉を破り,中央に覇権を確立しようとする織田信長に,武田と上杉の脅威が迫るところから始まる。
 そのあと何が起こったかは有名だが,この舞台では“平成の記憶”を持ち“先の世”を知る何人かの武将達が,史実とは異なる行動を起こしていく。結果,あってはならない“新たな歴史”が戦国を覆い始める……というシナリオが「SIDE織田・徳川」と「SIDE武田・上杉」の2種類の公演で描かれていく。

画像(002)「信長の野望・大志」の舞台第2弾「冬の陣 王道執行〜騎虎の白塩編〜」の公開稽古をレポート。第三弾「最終章 本能寺の変」も発表に
画像(003)「信長の野望・大志」の舞台第2弾「冬の陣 王道執行〜騎虎の白塩編〜」の公開稽古をレポート。第三弾「最終章 本能寺の変」も発表に

 公開稽古では,両SIDE共通の序幕とオープニング,そしてそれぞれのSIDEの冒頭部分が披露された。その中では武将達の過去や,歴史を変えようと考えるに至った心境などが描かれ,観る者の心をグイグイ惹きつける。
 また迫力ある殺陣も見どころの1つだ。稽古場の広さの関係で,筆者を含むメディア陣はキャスト達の至近距離で取材をすることとなったのだが,ぶつかるんじゃないかとヒヤヒヤするくらい,キャストそれぞれの動きは激しいものだった。

画像(004)「信長の野望・大志」の舞台第2弾「冬の陣 王道執行〜騎虎の白塩編〜」の公開稽古をレポート。第三弾「最終章 本能寺の変」も発表に
画像(005)「信長の野望・大志」の舞台第2弾「冬の陣 王道執行〜騎虎の白塩編〜」の公開稽古をレポート。第三弾「最終章 本能寺の変」も発表に

 公開稽古の終了後には,織田信長役の鶏冠井孝介さん, 明智光秀役の谷 佳樹さん,お市役の田中れいなさん,今井宗久役の彦摩呂さんらキャスト4名に対する囲み取材が行われた。

左から彦摩呂さん,谷 佳樹さん,鶏冠井孝介さん,田中れいなさん
画像(006)「信長の野望・大志」の舞台第2弾「冬の陣 王道執行〜騎虎の白塩編〜」の公開稽古をレポート。第三弾「最終章 本能寺の変」も発表に

──公開稽古の手応えを教えてください。

鶏冠井孝介さん(以下,鶏冠井さん):
 今回は続編ということで新しいキャストの方がいたり,前回同様に脚本が2つあったりしますので,いつもの2倍がんばっています。

──物語の見どころはどこになるのでしょうか。

谷 佳樹さん(以下,谷さん):
 1つの作品で2つの物語を楽しめる部分です。これまでにもエンディングが複数あるような作品はありましたが,この作品では物語が分岐し,「こっちの物語が進んでいるときに,もう1つの物語で別のことが起きている」ということが分かりやすく描かれています。それぞれのSIDEだけを観ても面白いのですが,両方観たときに単に2倍になるのではなく,4倍5倍楽しめます。

──2つ脚本があると,セリフがごっちゃになったりしませんか。

彦摩呂さん:
 ごっちゃになるのもそうですけど,僕ね,普段食レポやってるから,セリフもよく噛むんですよ(笑)。いつも緊張感がすごくて,痩せる思いです。

──彦摩呂さんが演じる今井宗久は重要な役ですよね。

彦摩呂さん:
 全体のストーリーテラーですからね。観客の皆さんの視点で物語を整理する親切な役柄なので,使命感に燃えています。

──田中さんはお市役ですけれども,前回と変わった部分はありますか。

田中れいなさん(以下,田中さん):
 全部変わりました。でも,一度経験しているから入りやすかったですね。前回は正座するところから戸惑っていましたので(笑)。セリフも前回より覚えがいいんですけれど,昔の言葉が難しくて,皆さんが何を言っているのか,未だに分からないときがあります。

──普段から歌っていらっしゃいますが,舞台で歌うのはまた何か違うのでしょうか。

田中さん:
 今回は3曲歌うのですが,そのうち主題歌はいつものように歌っています。一方,劇中の歌は幼少期のお市が歌っているという設定だったり,人がしゃべっている後ろでBGM的に歌ったりするので,「邪魔にならないように」「声を抑えよう」「ここはまっすぐ歌ったほうがいいかな」と考えていて,やっぱり普段とは違いますね。

──ここにいる皆さんは前作から引き続き出演されるわけですが,やはり団結は強いのでしょうか。

鶏冠井さん:
 そうですね。前作を皆で苦労して作り上げたので,絆が生まれています。

──ほとんどのキャストが同世代で,彦摩呂さんだけ年上ですけれども。

彦摩呂さん:
 今回は,武田信玄役の堀川りょうさんがいらっしゃいますから安心しています。でも,いろんな現場で年長者になることが増えていますね。

──彦摩呂さんもすっかり舞台の人ですね。

彦摩呂さん:
 誰がブタやねん! あ,“舞台の人”? “ブタの人”って聞こえた(笑)。この舞台を本当に楽しんでますね。長く皆と一緒にやっているので,本当にファミリーと言えるくらい気心が知れています。

──冬の陣について,改めて前作とは違う魅力があれば教えてください。

鶏冠井さん:
 前作を踏襲しつつ,立ち回りが増えています。また前作は織田と浅井が敵対していましたが,今回は織田・徳川と武田・上杉が敵対しています。それだけで全然違って見えますね。

──もう第3弾の話はあるのでしょうか。

鶏冠井さん:
 なんとですね!

谷さん:
 用意していたかのように(笑)。

鶏冠井さん:
 2019年5月,舞台「信長の野望・大志 最終章 本能寺の変」の上演が決定しました! 「SIDE織田」と「SIDE明智」のWサイドストーリーで,会場は戸田市文化会館とシアター1010です。

谷さん:
 今回の冬の陣では,信長と光秀の関係がどうなるのかも見どころです。それが次の本能寺の変につながるわけですから。
 こういうことは普通だったら千秋楽で発表するんですが,今回は第2弾が始まる前から続きを告知してしまおうと。

田中さん:
 SIDEが分かれるってことは,信長と光秀は絶対敵同士になるんだよね?

谷さん:
 本能寺の変だからね。

鶏冠井さん:
 でも,戦国好きだからこそ分かる胸アツ展開があるかもしれない。

彦摩呂さん:
 火も出てくるかな? そしたらチャーシューになっちゃう(笑)。

──本能寺の変の前に,冬の陣についてほかに告知しておくことはありますか。

鶏冠井さん:
 冬の陣の千秋楽でスペシャルイベントをやるのですが,その内容はキャストが最終章の予告を生でやるというものです。今のところ,この場にいる4人の出演が決定していますけれども,ほかのキャストも出るかもしれません。ご期待ください。

──ありがとうございました。

「信長の野望・大志 冬の陣 王道執行〜騎虎の白塩編〜」公式サイト

  • 関連タイトル:

    信長の野望・大志

  • 関連タイトル:

    信長の野望・大志

  • 関連タイトル:

    信長の野望・大志

  • 関連タイトル:

    信長の野望・大志

  • 関連タイトル:

    信長の野望・大志

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月16日〜06月17日