オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Mosaic公式サイトへ
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[E3 2019]“現実逃避”の表現が秀逸。都会に疲れた会社員が主人公のADV「Mosaic」試遊レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/06/14 19:26

プレイレポート

[E3 2019]“現実逃避”の表現が秀逸。都会に疲れた会社員が主人公のADV「Mosaic」試遊レポート

画像(002)[E3 2019]“現実逃避”の表現が秀逸。都会に疲れた会社員が主人公のADV「Mosaic」試遊レポート
E3会場の近くにあるHotel Figueroa Downtown Los Angeles。2019年の巨大広告は「DOOM Eternal」だった
 毎年ロサンゼルスで開催されているE3(Electronic Entertainment Expo)の会期中は,メイン会場であるLos Angeles Convention Centerだけでなく,さまざまな場所でゲーム関連のイベントや商談会などが開かれている。ホテル前面に描かれる巨大広告が“E3名物”になっているHotel Figueroa Downtown Los Angeles(以下,Hotel Figueroa)も,そんな場所の一つだ。

 E3 2019ではHotel Figueroaのラウンジが,スウェーデンのインディーズゲームパブリッシャ・Raw Furyのブースのようになっており,ソファーやバーカウンターなどで飲食を楽しみながら開発者がインタビューを受けたり,ノートPCを広げてゲームを紹介したりと,一風変わった風景が広がっていた。

画像(003)[E3 2019]“現実逃避”の表現が秀逸。都会に疲れた会社員が主人公のADV「Mosaic」試遊レポート 画像(004)[E3 2019]“現実逃避”の表現が秀逸。都会に疲れた会社員が主人公のADV「Mosaic」試遊レポート

 そんな場所でこれまた一風変わった,そしてこのブースとはある意味“逆”の空気を持つゲームのデモ版を試遊してきた。
 そのタイトルは「Mosaic」PC / PS4 / Switch / Xbox One / Mac)。日本時間2019年6月12日に海外大手メディア・PC Gamerが開催したPC Gaming Show 2019で最新トレイラーが公開された本作は,ノルウェーの独立系デベロッパ・Krillbite Studioが手がけるアドベンチャーゲームだ。今回遊べたのはPC版で,操作はXbox Oneのゲームパッドで行うスタイルとなっていた。


 Mosaicの主人公は,とある大企業に勤める1人の会社員。彼は発展を続ける街に冷たさを覚え,同じことを繰り返す毎日に単調さと孤独を感じ,自分の人生の意義が見出せなくなっている。そんな彼のある日の通勤途中に不思議な出来事が起き,これまでの“繰り返しの日々”が大きく変わり始める
 本作のデモは,主人公が(いつものように)マンションの部屋で目を覚ますところから始まった。とくに「〜をしろ」といった誘導はないので,とりあえず朝から届くさまざまなメールを確認してから寝室を出て,会社へと向かう。そして外に出た時に,一つの大きな選択肢が待っていた。

画像(005)[E3 2019]“現実逃避”の表現が秀逸。都会に疲れた会社員が主人公のADV「Mosaic」試遊レポート

 それは,駅に向かって大勢の人が歩いている右に行くか,それとも逆の左へ行く――つまりは繰り返しの日々を抜けようとするかだ。左に進むとちょっとした広場で朝日を浴び,木の上から猫を下ろしてあげるという,なんとものどかな時間を過ごせた……のだが,ここでとんでもないことが起きた。とある地点に立ってボタンを押し続けると,遠くに見えるビル群がどんどん崩れ始めたのだ。
 これは「あーあ,会社に行きたくないなあ。会社なんかなくなればいいのに」という彼の心境を表したものなのかもしれない。一通りのビルが崩れると,まるで現実に戻ったかのように元の風景となった。なかなかに驚く,突然の展開である。

画像(006)[E3 2019]“現実逃避”の表現が秀逸。都会に疲れた会社員が主人公のADV「Mosaic」試遊レポート

 とはいえ,いつまでもこうしてはいられないと,来た道を戻り駅に向かう。
 ここで主人公は,道路をまたいだ反対側に,蝶を見つける。そこでビルの時と同じようにボタンを押し続けると,今度は自らが蝶となり,実際に操作してパタパタと飛べるようになった。それを虚ろな目で見ている主人公も背景にいて,これもまた何か心に訴えてくる。こうした一つひとつの行動が,後々起こる不思議な出来事につながるようだ。

画像(007)[E3 2019]“現実逃避”の表現が秀逸。都会に疲れた会社員が主人公のADV「Mosaic」試遊レポート

 とにかく本作は,現実逃避の表現とそこへの導入方法,そして「今起きていることは現実? 夢? どっち?」と感じさせる雰囲気作りが秀逸だ。筆者は子供の頃から「学校を遠回りして行ってみよう」「会社に行く逆の電車に乗って遠くに行ってみようかな」などと考えたり,街の猫や鳥をぼんやり眺めたりしがちな人間なのだが,「このゲームを作った人は同じタイプの人間だろう」とかなり共感してしまった。特徴的なローポリゴン風のグラフィックスも,モノトーンでありながらもネオンや車のライトの光,黄色い蝶などにアクセントとして鮮やかな色が使われており,アートのような見応えと美しさがある。

画像(008)[E3 2019]“現実逃避”の表現が秀逸。都会に疲れた会社員が主人公のADV「Mosaic」試遊レポート

 発売予定時期が2019年夏から2019年内へ変更となったのは残念だが,日本語版も海外のリリースのタイミングに合わせて配信できるようローカライズが進んでいるとのこと。Steamストアページではインタフェースと字幕が日本語対応となっている。テーマも日本人に刺さりそうなものとなっているので,多くの人に触れてもらいたいと感じたタイトルだ。

Steamの「Mosaic」ストアページ

「Mosaic」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Mosaic

  • 関連タイトル:

    Mosaic

  • 関連タイトル:

    Mosaic

  • 関連タイトル:

    Mosaic

  • 関連タイトル:

    Mosaic

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月14日〜11月15日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月