パッケージ
バイオハザード ヴィレッジ公式サイトへ
  • カプコン
  • 発売日:2021/05/08
  • 価格:・パッケージ版
    通常版:7990円+税
    コレクターズ エディション:2万8790円+税
    ゴールドエディション:6589円(税込)

    ・ダウンロード版
    通常版:7264円+税
    デラックス エディション:8173円+税
    ゴールドエディション:5990円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[プレイレポ] 「バイオハザード ヴィレッジ」のVRモードは高い没入感で恐怖がさらに増し,武器を扱う手元を狂わせる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2023/02/22 20:19

プレイレポート

[プレイレポ] 「バイオハザード ヴィレッジ」のVRモードは高い没入感で恐怖がさらに増し,武器を扱う手元を狂わせる

画像集 No.001のサムネイル画像 / [プレイレポ] 「バイオハザード ヴィレッジ」のVRモードは高い没入感で恐怖がさらに増し,武器を扱う手元を狂わせる
 カプコンは本日(2023年2月22日),「バイオハザード ヴィレッジ」のPlayStation VR2(以下,PS VR2)専用無料DLC「バイオハザード ヴィレッジ VRモード」の配信を開始した。

 イーサン・ウィンターズのサバイバルを描く「バイオハザード ヴィレッジ」は,一人称視点の採用による高い臨場感,ゲームへの没入感が特徴の1つとなっているタイトルだが,「VRモード」では,PS VR2の表現力によってそれがさらに高まっている。そんな本作のプレイレポートをお届けしよう。

 なお,本作は前述したようにDLCという扱いになっており,PS Storeからダウンロードする必要がある。「バイオハザード ヴィレッジ」本編をアップデートしただけではプレイできず,セーブデータも別扱いになるので,その点には注意してほしい。

 また,同じく本日発売となったPS VR2について知りたい人は,別途開封やセットアップの模様をレポートしているので,そちらも確認してほしい。

関連記事

PlayStation VR2が編集部に到着! 気になるヘッドセットの重量や細部の仕様をチェックしてみた

PlayStation VR2が編集部に到着! 気になるヘッドセットの重量や細部の仕様をチェックしてみた

 2023年2月22日に発売予定のPlayStation VR2が,一足先に4Gamer編集部に届いたので,さっそく開封してみた。店舗受け取りの際に気になる外箱のサイズや,PlayStation 5をリビングに設置している人が気になるであろう同梱ケーブルの長さなども測ってみたので,写真を中心に紹介しよう。

[2023/02/10 22:00]
関連記事

PS VR2をセットアップして「Horizon Call of the Mountain」をプレイ。簡単な接続で,最新VRの世界を楽しむ

PS VR2をセットアップして「Horizon Call of the Mountain」をプレイ。簡単な接続で,最新VRの世界を楽しむ

 2023年2月22日に発売される「PlayStation VR2」。先日公開した記事では開封の様子を紹介したが,今回はその続きということで,実際にPS VR2をセットアップしてみた。また,ローンチタイトルの1つである「Horizon Call of the Mountain」も体験したので,その模様をお届けしよう。

[2023/02/16 22:00]



PS VR2の没入感で,恐怖がさらに高まる


 前述の通り,「バイオハザード ヴィレッジ VRモード」はPS VR2専用で,PS VR2 Senseコントローラーでの操作にのみ対応する。
 左スティックで移動,右スティックで視線移動を行うところまでは通常モードと同様だが,VRモードではヘッドマウントディスプレイを被った頭部を動かすことで周囲を見回すことが可能で,これが没入感を高めている,直感的な視点変更を繰り返すうち,ゲームの世界が現実に近づいてくるのだ。

 このVRゲームならではの感覚が,PS VR2ではグラフィックスの進化によってさらに高められている。
 森の中を歩いていて顔の高さに木の枝が来ると「顔に当たりそうでイヤだな……」と本能的に思ってしまって,通り抜ける時は左スティックを少し緩めたくなる。また,遺体で一杯の地下室に落ちたときなどは,遺体の“実在感”に,忌避感や哀れみのような,本能的な感情が湧いてきたりもした。

 特に気になったのが,近年の「バイオハザード」シリーズで印象的な“汚さ”の表現だ。ろくに掃除もされていなさそうな室内,食卓や床にぶちまけられた残飯といったところには思わず嫌悪感を覚えてしまって,後で訪れる本格的な恐怖へのお膳立てとなっている。

 本作のプロモーションでは,吉幾三さんが「俺らこんな村いやだLv.100」と題し「俺らこんな村いやだ,俺らこんな村いやだ」と歌い上げているが,本作の“いやだ度”はLv.300くらいに上がったという感じだろうか。

イーサンの妻ミアと娘ローズ。VRによって2人の存在感もアップしている
画像集 No.005のサムネイル画像 / [プレイレポ] 「バイオハザード ヴィレッジ」のVRモードは高い没入感で恐怖がさらに増し,武器を扱う手元を狂わせる

イーサン一家は突如襲撃されてしまう。イーサンの前に立ちはだかる男は……
画像集 No.006のサムネイル画像 / [プレイレポ] 「バイオハザード ヴィレッジ」のVRモードは高い没入感で恐怖がさらに増し,武器を扱う手元を狂わせる

血まみれになったイーサンの手も,VRだとより痛々しく感じられる
画像集 No.008のサムネイル画像 / [プレイレポ] 「バイオハザード ヴィレッジ」のVRモードは高い没入感で恐怖がさらに増し,武器を扱う手元を狂わせる

乱雑に積み上げられた無数の遺体。画面の中の出来事ではなく,自分と同じ空間にあるもののように感じられ,恐怖が募る
画像集 No.010のサムネイル画像 / [プレイレポ] 「バイオハザード ヴィレッジ」のVRモードは高い没入感で恐怖がさらに増し,武器を扱う手元を狂わせる

食卓にぶちまけられた残飯。リアルな表現に嫌悪感を覚える
画像集 No.011のサムネイル画像 / [プレイレポ] 「バイオハザード ヴィレッジ」のVRモードは高い没入感で恐怖がさらに増し,武器を扱う手元を狂わせる

 VRの没入感は戦闘にも大きな影響を与えている。イーサンはナイフやハンドガン,ショットガンといった装備を駆使して敵と戦うのだが,これらの操作方法はPS VR2 Senseコントローラーを使った身体性を伴うものに変更されており,通常モードとはひと味違った体験が可能だ。
 例えばナイフひとつ使うにしても,左腕の鞘に取り付けられているナイフを右手で引き抜いたうえで,振ったり突いたりといった操作をしなければならない。銃器も種類ごとに異なる操作を求められる。
 ハンドガンなら右腰に手をやってホルスターから引き抜き,照準もスティックではなくPS VR2 Senseコントローラー自体を動かして合わせる。弾切れのときもボタン1つでリロード……というわけにはいかず,左腰のポーチからマガジンを取り出してハンドガンに突っ込んだ後,スライドを引く必要がある。ショットガンは右肩から取り出してポーチから散弾を一発ずつ込め,撃つごとに銃身下部のパーツを引いて薬莢を排出といった具合だ。

左腕の鞘に収められているナイフを右手で引き抜き,斬り付けたり突いたりして攻撃
画像集 No.013のサムネイル画像 / [プレイレポ] 「バイオハザード ヴィレッジ」のVRモードは高い没入感で恐怖がさらに増し,武器を扱う手元を狂わせる

ハンドガンのリロード。左手に持ったマガジンを右手のハンドガンに装填し,さらに左手でスライドを引くという作業になる
画像集 No.015のサムネイル画像 / [プレイレポ] 「バイオハザード ヴィレッジ」のVRモードは高い没入感で恐怖がさらに増し,武器を扱う手元を狂わせる

回復薬は左肩から取り出した後に[L2]か[R2]で瓶のふたを外して自分にかけて使う
画像集 No.018のサムネイル画像 / [プレイレポ] 「バイオハザード ヴィレッジ」のVRモードは高い没入感で恐怖がさらに増し,武器を扱う手元を狂わせる

 VRゲームとして定番の操作ではあるのだが,実際にプレイしてみると,VRによってさらに高まった恐怖感が筆者の手元を狂わせる。襲いかかってくるライカン(人狼のような怪物)を目の前にして慌ててしまい,ハンドガンは撃ち尽くしてリロードもうまくいかず,ショットガンは持っているのを忘れてしまい,最終的にはへっぴり腰でナイフを抜いて闇雲に斬り付けるという有様だった。
 体力が減ると「回復薬を取り出す」というヘルプが表示されるのだが,なにしろ慌てているので「回復薬を左肩から取りだし,[L2]か[R2]で瓶のふたを外して自分にかける」という一連の動作がスムーズにできない。繰り返し攻撃されるうちに体力も尽きて,ライカンに食われながら「さすがPS VR2,自分が食われているみたいだ」と思う有様だった。

襲われるシーンもVRで臨場感抜群
画像集 No.019のサムネイル画像 / [プレイレポ] 「バイオハザード ヴィレッジ」のVRモードは高い没入感で恐怖がさらに増し,武器を扱う手元を狂わせる

ハンドガンの弾を取ろうとしたら,窓の外から敵が手を突っ込んできた。こういった演出のうまさはさすが
画像集 No.020のサムネイル画像 / [プレイレポ] 「バイオハザード ヴィレッジ」のVRモードは高い没入感で恐怖がさらに増し,武器を扱う手元を狂わせる

「回復薬を取り出す」というヘルプには気づいているが,視界が真っ赤に染まった状態では冷静に行動できない
画像集 No.022のサムネイル画像 / [プレイレポ] 「バイオハザード ヴィレッジ」のVRモードは高い没入感で恐怖がさらに増し,武器を扱う手元を狂わせる

 ゲームオーバーになってから「そういえば,手の甲を前にして揃えればガードができるんだった」「回り込んで後ろから攻撃すればよかった」などと思い出したり反省したりで,再プレイへの意欲が湧いてくる。
 もちろん難度は設定可能だし,「アシストモード」をONにすれば,リロードをボタン1つでできるようにしたり,ショットガンやスナイパーライフルの排莢をオートにしたりできる。VRゲームに不慣れなら,こちらの設定を使うのもありだろう。

操作に慣れれば,両手の武器を華麗に使いこなすことも夢ではない
画像集 No.025のサムネイル画像 / [プレイレポ] 「バイオハザード ヴィレッジ」のVRモードは高い没入感で恐怖がさらに増し,武器を扱う手元を狂わせる
画像集 No.026のサムネイル画像 / [プレイレポ] 「バイオハザード ヴィレッジ」のVRモードは高い没入感で恐怖がさらに増し,武器を扱う手元を狂わせる

 PS VR2の表現力で恐怖感がさらに高まり,その恐怖が手元を狂わせ,さらに恐怖を大きくする。そんな「バイオハザード ヴィレッジ VRモード」は無料でダウンロードできるので,通常モードでプレイ済みの人でも一度体験してほしい。VRモードの体験版も配信されているので,本編を持っていない人は,まずそちらを試してみるといいだろう。

画像集 No.027のサムネイル画像 / [プレイレポ] 「バイオハザード ヴィレッジ」のVRモードは高い没入感で恐怖がさらに増し,武器を扱う手元を狂わせる

「バイオハザード ヴィレッジ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    バイオハザード ヴィレッジ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月22日〜06月23日