オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
違う冬のぼくら
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

違う冬のぼくら

違う冬のぼくら
公式サイト
発売元・開発元
発売日 2023/08/10
価格 710円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他

他のプラットフォーム

iPhone/iPad版 違う冬のぼくら
Nintendo Switch版 違う冬のぼくら
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
スクリーンショット一覧へ最新画像(全006枚)
違う冬のぼくら
違う冬のぼくら
違う冬のぼくら
違う冬のぼくら
ゲーム紹介
<以下,配信元の紹介文をそのまま掲載しています>

『違う冬のぼくら』は2人プレイ専用のパズルアドベンチャーゲームです。プレイヤーはそれぞれ家出をした二人の少年となり、協力して壁を乗り越え、「どこか遠く」を目指します。旅を通して友達と一緒に、あの日の友情を取り戻しに行きましょう。

きみとぼくの見ている世界は、ほんとうに同じだろうか。
認知の常識を問い直す、2人専用パズルアドベンチャーゲーム

※本作のプレイにはプレイヤー同士のコミュニケーションが必須です。対面でのプレイが出来ない際には、プレイヤー同士が通話できる環境が必要となります。ゲーム内に通話機能は実装されておりません。ご購入の際にはご注意ください。

『違う冬のぼくら』は「2人プレイ専用」パズルアドベンチャーゲームです。
端末2台で遊ぶ2人プレイ専用ゲームであり、協力ゲームでありながら両者の画面に映っているものがまったく違っています。

例えば、同じ人間を見ているはずなのに、片方にはそれが絵本のような動物のキャラクターに見え、もう片方にはそれがロボットのように見えています(その認識の違いによって、フィールド上のオブジェクトがそれぞれの世界で異なる働きをします)。
プレイヤーたちは自分にしか見えていないことを会話によって相手と共有し、協力して謎やパズルを解くことで旅をつづけていきます。
オンラインによって、離れた場所で通話しながらのプレイも可能です。

【ゲーム説明】
基本的なゲームシステムは横スクロールのパズルアドベンチャーで、その中に2人での協力プレイ要素が入っています。
物語の途中でプレイヤーたちに迫られる、いくつかの重大な選択。
そこでの選択によって、展開は複数に分岐します。

【このゲーム最大の特徴】
このゲームが他のゲームと大きく異なるのは「一緒に遊ぶ相手が必要」だという点です。
1人でも、コンピューター(CPU)相手でも、このゲームをプレイすることはできません。
必ず2人のプレイヤーが必要となります。
つまりこのゲームは「誰と一緒に遊ぶのか?」を決めるところからスタートします。
総プレイ時間は3〜4時間程度。その中で2人のプレイヤーはお互いに話し合い、認識を擦り合わせ、問題を解決し、そして重大な決断を下します。

【ストーリー】
家出をした2人の少年が、旅の途中で発見した「鹿の死体」。
それを見た彼らは気を失い、お互いの見るものすべてが違って見えるようになってしまった。
片方は動物の世界、もう片方は機械の世界。少年たちは自分の身に起きた謎を解き明かし、元の世界に戻ることはできるのか?

【クリエイタープロフィール】
ところにょり
インディゲーム開発者。独特な世界観とアートセンスを持ち、オリジナリティ溢れる不思議な作品を次々と生み出している。
代表作『ひとりぼっち惑星』は2016年、SNS上で大きな話題を呼んだ。
講談社ゲームクリエイターズラボの第1期メンバーとして、2人専用パズルアドベンチャーゲーム『違う冬のぼくら』をリリース。
ゲームシステムに「特殊な設定」を組み込むことで、「ゲームでしか出来ない体験」を作り出すことを得意としている。

【クリエイターコメント】
自分の見ている世界は、本当にみんなと同じ世界なのかと考えたことはないでしょうか。
『違う冬のぼくら』は、自分の世界が、みんなと同じ世界ではなくなってしまった2人の少年のゲームです。
相手と見ているものが噛み合わない困難を2人で乗り越え、少年たちの物語を通して、
ぜひ「あのころの友情」を取り戻してください。
最新記事(全12件)

5時間超の大ボリュームとなった「INDIE Live Expo 2024.5.25」発表タイトル&新情報まとめ。INDIE Wavesの時間指定リンクも掲載

5時間超の大ボリュームとなった「INDIE Live Expo 2024.5.25」発表タイトル&新情報まとめ。INDIE Wavesの時間指定リンクも掲載

 INDIE Live Expo実行委員会は2024年5月25日,インディーゲームの紹介番組「INDIE Live Expo 2024.5.25」を配信した。今回はすべての情報を1回の放送で紹介する形となり,放送時間は実に5時間20分以上に及んだ。情報を見逃したくない人のために,イベント中の発表タイトルと新情報をまとめてお届けする。

[2024/05/27 16:31]

講談社ゲームクリエイターズラボ,新作「ぐちゃぐちゃ 蟠の章」「BURGGEIST」を発表。「違う冬のぼくら」は累計50万本突破

講談社ゲームクリエイターズラボ,新作「ぐちゃぐちゃ 蟠の章」「BURGGEIST」を発表。「違う冬のぼくら」は累計50万本突破

 講談社ゲームクリエイターズラボは,本日行われた「INDIE Live Expo 2024.5.25」にて,「違う冬のぼくら」の全世界累計ダウンロード数50万本突破と,新作タイトル「ぐちゃぐちゃ 蟠の章」「BURGGEIST」を発表した。

[2024/05/25 17:39]

「違う冬のぼくら」など,計14タイトルの試遊ができる。講談社ゲームクリエイターズラボが東京ゲームショウ2023の出展情報を公開

「違う冬のぼくら」など,計14タイトルの試遊ができる。講談社ゲームクリエイターズラボが東京ゲームショウ2023の出展情報を公開

 講談社ゲームクリエイターズラボは本日,2023年9月21日から9月24日まで開催される「東京ゲームショウ2023」のインディーゲームコーナー出展すると発表した。会場では,2人プレイ専用パズルADV「違う冬のぼくら」や,影絵のようなビジュアルが特徴的な「In His Time」など,計14タイトルの試遊ができる。

[2023/09/06 11:30]

「違う冬のぼくら」オリジナルサウンドトラックがBOOTHにて発売。表裏一体の世界観を堪能できるカセットテープ

「違う冬のぼくら」オリジナルサウンドトラックがBOOTHにて発売。表裏一体の世界観を堪能できるカセットテープ

 パズルアドベンチャー「違う冬のぼくら」のクリエイター,ところにょり氏は本日(2023年8月10日),本作のオリジナルサウンドトラックをクリエイターズマーケット「BOOTH」で発売した。価格は3000円(税込)。サウンドトラックは,カセットテープに収録されているが,購入後BOOTHでデータのダウンロードも可能になる。

[2023/08/10 15:44]

「違う冬のぼくら」,Steam/Switch/スマホで正式リリース。同じ世界が違うものに見える少年たちが協力して冒険する2人プレイ専用パズルADV

「違う冬のぼくら」,Steam/Switch/スマホで正式リリース。同じ世界が違うものに見える少年たちが協力して冒険する2人プレイ専用パズルADV

 講談社ゲームクリエイターズラボは本日,「違う冬のぼくら」Steam版を正式リリースし,合わせてSwitch/iOS/Android版の配信を開始した。本作は,同じ世界が違うものに見えるようになった2人の少年が協力して冒険する,2人プレイ専用パズルADVだ。正式版には,追加エンディングが用意されている。

[2023/08/10 00:00]

講談社ゲームクリエイターズラボ発,「違う冬のぼくら」「In His Time」「IGNISTONE」の発売日が決定

講談社ゲームクリエイターズラボ発,「違う冬のぼくら」「In His Time」「IGNISTONE」の発売日が決定

 講談社ゲームクリエイターズラボ(以下,講談社GCL)は本日(2023年5月20日),Steamでアーリーアクセス中の「違う冬のぼくら」8月10日に正式リリースに移行すること,「In His Time」「IGNISTONE」10月3日に配信することを発表した。また,Steamでは「違う冬のぼくら」の30%オフセールが実施される。

[2023/05/20 22:30]

[台北2023]「違う冬のぼくら」プレイレポート。2人で違う画面を見ながら不気味な世界を進んでいくパズルアドベンチャー

[台北2023]「違う冬のぼくら」プレイレポート。2人で違う画面を見ながら不気味な世界を進んでいくパズルアドベンチャー

 台北ゲームショウ2023のB2Bフロアに,講談社ゲームクリエイターズラボが「違う冬のぼくら」をプレイアブル出展していた。本作は,2023年2月14日にSteamでアーリーアクセス版の配信を予定している,2人プレイ専用のパズルアドベンチャーだ。今回,配信前にこちらを試遊したので,レポートをお届けしよう。

[2023/02/03 21:04]

2人専用パズルADV「違う冬のぼくら」のアーリーアクセスが2023年2月14日にスタート。プレイヤーが違う画面を見ながら協力して謎を解く

2人専用パズルADV「違う冬のぼくら」のアーリーアクセスが2023年2月14日にスタート。プレイヤーが違う画面を見ながら協力して謎を解く

 2人専用パズルアドベンチャー「違う冬のぼくら」のアーリーアクセスが,2023年2月14日に開始されることが明らかになった。本作は,「ひとりぼっち惑星」などの作品で知られるクリエイター,ところにょり氏の最新作で,プレイヤーはそれぞれまったく違う画面を見ながら,協力して謎やパズルを解いていく。

[2022/12/04 20:45]

「十三月のふたり姫」「違う冬のぼくら」の魅力を紹介。“BitSummit”講談社ゲームクリエイターズラボステージイベントレポート

「十三月のふたり姫」「違う冬のぼくら」の魅力を紹介。“BitSummit”講談社ゲームクリエイターズラボステージイベントレポート

 2022年8月6日と7日,京都・みやこめっせにて,「BitSummit X-Roads」が開催された。会場では国内外のインディーズゲームが多数出展されたほか,ステージイベントには多くのクリエイターが登壇した。本稿では,8月7日に行われた,講談社ゲームクリエイターズラボの新作紹介の模様をお伝えする。

[2022/08/08 19:02]

「違う冬のぼくら」「十三月のふたり姫」開発者が登壇するステージイベントが“Bitsummit X-road”で開催へ。「FAMILY BATTLE タッグアリーナ」オンライン大会も

「違う冬のぼくら」「十三月のふたり姫」開発者が登壇するステージイベントが“Bitsummit X-road”で開催へ。「FAMILY BATTLE タッグアリーナ」オンライン大会も

 講談社は2022年7月13日,インディーズゲームイベント“Bitsummit X-road”で,クリエイター支援プロジェクト「講談社ゲームクリエイターズラボ」が支援する3作品を出展すると発表した。「違う冬のぼくら」「十三月のふたり姫」の開発者が登壇するステージイベントが実施されるほか,「FAMILY BATTLE タッグアリーナ」公式オンライン大会も行われる。

[2022/07/13 18:01]

全ての記事を表示する

レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
動作スペック

スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月16日〜06月17日