オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

Radeon RX Vega

このページの最終更新日:2017/04/17 15:06:36

  • RSS
ニュース一覧

MSI,空冷仕様の数量限定版カード「RX Vega 64 Limited Edition」を国内発売

[2017/09/12 14:20]

MSI,リファレンス仕様のRX Vega 56カードを発売

[2017/09/05 11:49]

リファレンス仕様を採用するSapphire製RX Vega 56カードが国内発売

[2017/08/28 23:00]

LEVEL∞,Ryzen ThreadripperモデルやRadeon RX Vega 64+Ryzen 7モデルなどAMD仕様のゲームPCを発売

[2017/08/25 09:00]

MSIからリファレンス仕様のRadeon RX Vega 64搭載カードが発売。価格は8万円前後

[2017/08/24 14:13]

「Radeon RX Vega 64」カードの店頭販売は8月21日スタート――日本AMDが予告

[2017/08/16 16:47]

アスク,Sapphire製の「Radeon RX Vega 64」搭載カードを8月21日に発売

アスク,Sapphire製の「Radeon RX Vega 64」搭載カードを8月21日に発売

 2017年8月10日,アスクは,「Radeon RX Vega 64」採用のSapphire Technology製グラフィックスカード計3製品を8月21日に発売すると発表した。ラインナップは空冷モデルが2機種,簡易液冷モデルが1機種の計3製品で,税込の予想実売価格は,空冷モデルがどちらも8万円弱,簡易液冷モデルが9万3000円前後となっている。

[2017/08/10 10:00]

[SIGGRAPH]「Radeon RX Vega」の短尺版やEPYCを20基搭載するサーバーなどが初披露されたAMD「Capsaicin」イベントレポート

[SIGGRAPH]「Radeon RX Vega」の短尺版やEPYCを20基搭載するサーバーなどが初披露されたAMD「Capsaicin」イベントレポート

 SIGGRAPH 2017開幕初日の北米時間7月30日,AMDは,ロサンゼルスで,自社イベント「Capsaicin」を開催した。主役は,新世代GPU「Radeon RX Vega」とハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」だったが,本稿ではそれ以外の話題として,短尺版のVega搭載カードや,映像業界に向けた取り組みなどについてまとめてみたい。

[2017/08/01 17:31]

[SIGGRAPH]AMDの本気GPU「Radeon RX Vega」がついに発表。「GTX 1080をしのぐ理論性能」で399ドル(税別)から。8月14日発売

[SIGGRAPH]AMDの本気GPU「Radeon RX Vega」がついに発表。「GTX 1080をしのぐ理論性能」で399ドル(税別)から。8月14日発売

 北米太平洋時間2017年7月30日19:30,AMDの新世代GPU「Radeon RX Vega」がついに正式発表の日を迎えた。ラインナップはシェーダプロセッサ数4096基で499ドル(税別)からの「Radeon RX Vega 64」と,同3584基で399ドル(税別)の「Radeon RX Vega 56」だ。西川善司氏による,現地からのレポートをお届けしたい。

[2017/07/31 11:30]

エーキューブ,「Radeon Vega Frontier Edition」を7月中に国内発売。空冷版は18万円台前半,液冷版は27万円前後の予定

[2017/07/03 12:01]

AMD,北米市場で「Radeon Vega Frontier Edition」の販売を開始。価格は990ドル

AMD,北米市場で「Radeon Vega Frontier Edition」の販売を開始。価格は990ドル

 北米時間2017年6月27日,AMDは,「Vega」世代のGPUを搭載するワークステーション向けグラフィックスカード「Radeon Vega Frontier Edition」を,予告どおり北米市場で発売した。登場したのは空冷クーラー搭載モデルで,価格は990ドル(税別)。液冷クーラー搭載モデルは2017年9月に1499ドル(税別)で発売予定という。

[2017/06/28 12:00]

AMD,新世代サーバー向けCPU「EPYC 7000」を正式発表。8C16Tから32C64Tまでの計12製品をラインナップ

AMD,新世代サーバー向けCPU「EPYC 7000」を正式発表。8C16Tから32C64Tまでの計12製品をラインナップ

 北米時間6月20日,AMDは,Zenマイクロアーキテクチャベースのサーバーおよびデータセンター向けCPU「EPYC 7000」を正式に発表した。EPYC 7000は,1〜2ソケットを備える比較的小規模な構成のシステムをターゲットとしており,8コア16スレッド対応モデルから32コア64スレッド対応モデルまでの計12製品をラインナップしている。

[2017/06/21 05:00]

[COMPUTEX]なぜ2017年第2四半期に出る「Vega」は「Frontier Edition」だけなのか。「Radeon RX Vegaは7月末リリース」の謎を追う

[COMPUTEX]なぜ2017年第2四半期に出る「Vega」は「Frontier Edition」だけなのか。「Radeon RX Vegaは7月末リリース」の謎を追う

 Ryzenの勢いを感じるCOMPUTEX TAIPEI 2017のAMDは,「Radeon RX Vega」を2017年7月末以降に正式発表することも予告済みだが,しかし,「2017年第2四半期中」に登場する製品は「Frontier Edition」だけなのだという。なぜなのか,会場でカードメーカー関係者に話を聞いた。

[2017/06/06 00:00]

[COMPUTEX]Ryzen ThreadripperとEPYCはピン互換だが,電気的には互換性なし。これから登場する製品の気になるところをAMDに聞いてきた

[COMPUTEX]Ryzen ThreadripperとEPYCはピン互換だが,電気的には互換性なし。これから登場する製品の気になるところをAMDに聞いてきた

 AMDは,COMPUTEX TAIPEI 2017の会期2日めとなる台湾時間2017年5月31日,台北市内のホテル,The Westin Taipeiで報道関係者向けイベントを開催した。ここではAMDの担当者やエグゼクティブに対するインタビューセッションの内容をお届けすることにしたい。

[2017/06/01 17:12]

[COMPUTEX]「Radeon RX Vega」はSIGGRAPH 2017で正式発表――AMDが予告

[COMPUTEX]「Radeon RX Vega」はSIGGRAPH 2017で正式発表――AMDが予告

 2017年5月31日,AMDは,次世代GPU「Radeon RX Vega」をSIGGRAPH 2017で正式発表すると発表した。SIGGRAPH 2017は北米時間7月30日開幕なので,最も早ければ,この日がX-DAYということになる。なおAMDは同時に,「Radeon Vega Frontier Edition」を北米時間6月27日リリースすることも明らかにしている。

[2017/05/31 12:13]

[GDC 2017]「Radeon RX Vega」はメモリ2〜4GBモデルもあり? 次世代GPUの情報がまた少し明らかになったAMDイベントレポート

[GDC 2017]「Radeon RX Vega」はメモリ2〜4GBモデルもあり? 次世代GPUの情報がまた少し明らかになったAMDイベントレポート

 北米時間2017年2月28日にAMDが開催したイベント「Capsaicin & Cream」では,次世代GPU「Vega」の製品名が「Radeon RX Vega」なることが明らかとなったが,そのほかにも,Vegaの鍵となる技術やデモには見るべきものがあった。本稿ではそのあたりの注目ポイントをレポートしてみよう。

[2017/03/01 21:54]

[GDC 2017]AMDの次世代GPU,製品名は「Radeon RX Vega」に決定

[GDC 2017]AMDの次世代GPU,製品名は「Radeon RX Vega」に決定

 北米時間2017年2月28日,AMDはGDC 2017に合わせて自社イベント「Capsaicin & Cream」を開催し,その場で,2017年第2四半期中の登場予定となっている次世代GPU,開発コードネーム「Vega」の製品名が「Radeon RX Vega」になることを発表した。

[2017/03/01 04:58]

AMD,日本時間2月28日深夜に次世代GPU「Vega」のプレビュー配信を実施予定

AMD,日本時間2月28日深夜に次世代GPU「Vega」のプレビュー配信を実施予定

 2017年2月23日,AMDは,日本時間3月1日3:30に独自イベント「Capsaicin & Cream」を開催し,その場で同社の次世代GPU「Vega」のプレビューを行うと予告した。イベントの様子は,ライブ中継で配信するとのことなので,Vegaに関心のある人はチェックしてみるとよさそうだ。

[2017/02/23 19:06]

「Ryzen」は2017年3月上旬,「Vega」は2017年第2四半期に登場。AMDが2016年決算発表で予告

「Ryzen」は2017年3月上旬,「Vega」は2017年第2四半期に登場。AMDが2016年決算発表で予告

 北米時間2017年1月31日,AMDは2016年度の決算を発表し,その中で,次世代CPUアーキテクチャ「Zen」ベースのCPU製品と,次世代GPU「Vega」を採用する製品の出荷時期を予告した。それによると,デスクトップPC向けCPU「Ryzen」は2017年3月に,VegaベースのGPU製品は,2017年第2四半期に出荷開始の予定だ。

[2017/02/02 12:40]

西川善司の3DGE:AMD,次世代GPU「Vega」における4つの技術ポイントを公開。HBM2はキャッシュで使う!?

西川善司の3DGE:AMD,次世代GPU「Vega」における4つの技術ポイントを公開。HBM2はキャッシュで使う!?

 米東部標準時間2017年1月5日9:00,AMDは,「HBM2」採用の次世代GPU「Vega」に関する,技術面の重要な4要素を明らかにした。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」,今回のテーマは,そんなVegaの新情報だ。HBM2をキャッシュとして利用するなど,興味深いその内容をぜひチェックしてほしい。

[2017/01/05 23:00]

[CES 2017]CES開幕前の先行展示イベントに,AMDの「Ryzen」+「Vega」搭載PCによるゲームデモが登場。Windows Holographic対応HMDも

[CES 2017]CES開幕前の先行展示イベントに,AMDの「Ryzen」+「Vega」搭載PCによるゲームデモが登場。Windows Holographic対応HMDも

 北米時間2017年1月3日,CESの開幕前恒例となっている先行展示イベント「CES Unveiled」が開かれた。そこには,AMDの次世代CPU「Ryzen」と次世代GPU「Vega」によるゲームのデモや,DellとMSIによる「Kaby Lake-H」ベースの未発表ゲームPCなどがあったので,まとめて紹介しよう。

[2017/01/04 15:53]

AMD,人工知能用途向けアクセラレータ「Radeon Instinct」を発表。次世代GPU「Vega」ベースの製品も展開予定

AMD,人工知能用途向けアクセラレータ「Radeon Instinct」を発表。次世代GPU「Vega」ベースの製品も展開予定

 北米時間2016年12月12日,AMDは,人工知能用途向けの新型アクセラレータとなる「Radeon Instinct」と,それを利用する機械学習向けソフトウェア群を発表した。有り体に言えば「Tesla」や「Xeon Phi」と競合する製品だが,次世代GPU「Vega」ベースのものが予告されている点は要注目だ。

[2016/12/13 15:29]

[GDC 2016]「次に来るのは没入感」。AMDのイベントでデュアルFijiにワイヤレスVR HMD,アサシン クリードVRが発表

[GDC 2016]「次に来るのは没入感」。AMDのイベントでデュアルFijiにワイヤレスVR HMD,アサシン クリードVRが発表

 GDC 2016の初日となる北米時間2016年3月14日,AMDは独自イベントを開催した。すでに速報でいくつか情報はお伝え済みだが,「スマホの次に来るのはVRだ」と言うAMDの「VRに賭ける本気度」を強く感じることができたので,将来の話題やデベロッパ支援情報,新HMD,デュアルGPUカードが登場したイベント全体を“通し”でレポートしてみたい。

[2016/03/16 00:00]

[GDC 2016]AMD,次世代GPU「Vega」と次次世代GPU「Navi」の存在を公表。PolarisはHBM1もしくはGDDR5X対応か

[GDC 2016]AMD,次世代GPU「Vega」と次次世代GPU「Navi」の存在を公表。PolarisはHBM1もしくはGDDR5X対応か

 北米時間2016年3月14日,AMDはGDC 2016に合わせて実施したイベントにおいて,GPUのロードマップを発表した。2016年の「Polaris」(ポラリス,開発コードネーム)に続き,2017年の早い時期に登場予定の「Vega」(ヴェガ,同)でHBM2を,2018年のやはり早い時期に登場予定の「Navi」(ナヴィ,同)では次世代メモリ技術を採用するとのことだ。

[2016/03/15 08:46]

全ての記事を表示する

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月20日〜09月21日