オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ファイナルファンタジーXIV公式サイトへ
読者の評価
76
投稿数:383
レビューを投稿する
海外での評価
83
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
俳優・神木隆之介さんにとって「FFXIV」は立場に関係なく“つながれる”世界。アンバサダーに就任した神木さんへの合同インタビューを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/05/18 19:16

インタビュー

俳優・神木隆之介さんにとって「FFXIV」は立場に関係なく“つながれる”世界。アンバサダーに就任した神木さんへの合同インタビューを掲載

 2021年5月15日〜16日の2日間にわたって開催された,MMORPG「ファイナルファンタジーXIV」PC / PS4 / PS5 / Mac)のイベント「FFXIV DIGITAL FAN FESTIVAL 2021」。さまざまな新情報や楽しいプログラムが配信され,楽しんだファンは多いだろう。

関連記事

「FFXIV」のファンイベント“FFXIV デジタルファンフェスティバル 2021”をレポート。2日にわたって世界中の光の戦士が大熱狂

「FFXIV」のファンイベント“FFXIV デジタルファンフェスティバル 2021”をレポート。2日にわたって世界中の光の戦士が大熱狂

 スクウェア・エニックスがサービス中のMMORPG「ファイナルファンタジーXIV」のファンイベント「FFXIV デジタルファンフェスティバル 2021」が2021年5月15日と16日の2日間にわたって開催された。初のデジタルイベントととして,世界中の光の戦士が大熱狂した本イベントの内容をレポートしよう。

[2021/05/18 17:28]

 中でもFFXIVのプレイヤーか否かを問わず一般層も巻き込んで話題になったのが,俳優や声優として活躍する神木隆之介さんが出演し,プロデューサー兼ディレクター吉田直樹氏と対談した「直樹の部屋」のコーナーだ。神木さんは,俳優業で忙しい中,2年前からFFXIVをプレイし,以前には漫画喫茶(ネットカフェ)で朝まで遊ぶこともあったほどハマっているという。

画像集#005のサムネイル/俳優・神木隆之介さんにとって「FFXIV」は立場に関係なく“つながれる”世界。アンバサダーに就任した神木さんへの合同インタビューを掲載
画像集#006のサムネイル/俳優・神木隆之介さんにとって「FFXIV」は立場に関係なく“つながれる”世界。アンバサダーに就任した神木さんへの合同インタビューを掲載

 さて,そんな直樹の部屋コーナーでは最後に,神木さんがFFXIVのオフィシャルアンバサダーに就任することが発表されている。コーナーの終了後,メディア合同による神木さんと吉田氏へのインタビューが実施されたので,その模様をお届けしよう。

画像集#002のサムネイル/俳優・神木隆之介さんにとって「FFXIV」は立場に関係なく“つながれる”世界。アンバサダーに就任した神木さんへの合同インタビューを掲載



――神木さんをオフィシャルアンバサダーに任命しようと思った理由を教えてください。

吉田氏:
 お仕事ではないところで光の戦士として出会い,その交流の中から「もし仕事ができるタイミングがあれば,ぜひに」というお話がありました。今回,新しい拡張である「暁月のフィナーレ」(/ PC / PS5 / PS4 / Mac)に向かっていくにあたり,ここで「光の戦士としての持ち味を生かして,一緒にFFXIVを盛り上げてもらえませんか」というのがキッカケになります。

――続いて神木さんへの質問です。オフィシャルアンバサダー就任のご感想をお願いします。

神木さん:
 言葉に表せないくらいの気持ちです。嬉しいとか,幸せとかいう言葉じゃ足りないくらいで,信じられない気持ちでいっぱいです。
 吉田さんがおっしゃったように,本当に趣味というか日常で遊んでいたので,遊び始めた頃の自分が今ここでマイクを持って,こういう風にしゃべっているなんて,まったく想像していませんでした。
 でも,先ほど舞台に立たせていただいて,すごく緊張していたんですけど,(配信を)見てくださっている方のパチパチパチ(888:拍手)というコメントで,信じられないという気持ちから,皆さんが暖かくて嬉しいな,良かったなという気持ちになりました。

画像集#007のサムネイル/俳優・神木隆之介さんにとって「FFXIV」は立場に関係なく“つながれる”世界。アンバサダーに就任した神木さんへの合同インタビューを掲載

――数多くあるオンラインゲームの中から「FFXIV」をプレイするようになったキッカケを教えてください。

神木さん:
 同じ業界ではないですが,10年以上も一緒にいる親友がいまして,その人から「自分がちょっと前にやっていたゲームで,復帰しようかと思っているんだけど,興味ある?」「え,やってみたい」「じゃあ,一緒にやろうよ。全部教えるから」という流れで,漫画喫茶でずっと教えてもらっていたのがキッカケです。彼も会社で働いているので,金曜日の夜とかに集まって,朝までずっと遊んでいて,どんどんハマっていったという感じです。

――ゲームが得意な神木さんが苦手なものはなんでしょうか。

神木さん:
 「水」ですね。泳げないんですよ。(……みたいな答えで)大丈夫ですか? いますごく不安な瞬間が通り過ぎた気がするんですが(笑)。

吉田氏:
 大丈夫ですよ。FFXIVの中にも泳げないキャラクターが結構いますし,それを特徴にしているキャラクターもいるくらいですから(笑)。

神木さん:
 そうですか?(笑)。息継ぎがうまくできなかったりするんです。小さい頃からお風呂にも潜れなかったし,水が顔にはねてくることも恐怖で,すぐタオルで拭くくらい怖かったんですよ。未だに泳げないですし,うまく泳ごうという気力がないです。

吉田氏:
 水が嫌いになるキッカケってあったんですか?

神木さん:
 目に水が入ると痛いんで,まぶたをつむらないといけない。だから,情報がシャットダウンされるという恐怖心と,潜ったときに目と耳と鼻がまったく機能しないのと,「ゴー」という音があるじゃないですか。それがもう恐怖でした。その音が安心するという方もいらっしゃるんですが,僕は何も情報が入ってこないって恐怖でした。1回,お父さんにお風呂場で「一緒に沈もうか」みたいなことをされたんですよ。それで怖くなりました(笑)。
 でも,今は潜れますよ。息継ぎができないというだけで。

吉田氏:
 撮影で水も結構あるでしょう?

神木さん:
 潜ったり沈んだりといったシーンはあります。そういうときはもう……やるしかないですよね。

吉田氏:
 そういうシーンを僕らは「神木君は心と戦いながらやっているんだ」と思って見たほうがいい?(笑)

神木さん:
 本当に覚悟してやってるんだと思って見てくれたら嬉しいです(笑)。

――FFXIVに登場する中でもっとも好きなキャラクターと,その理由を教えてください。

神木さん:
 ティターニアです。クエストで出てくる敵キャラクターなんですけど,出てくるときの音楽と世界観とキャラが純粋に全部好きです。

画像集#001のサムネイル/俳優・神木隆之介さんにとって「FFXIV」は立場に関係なく“つながれる”世界。アンバサダーに就任した神木さんへの合同インタビューを掲載

吉田氏:
 食い気味(の回答)だったね。曲も好き?

神木さん:
 大好きなんですよ! ラジオに出させていただいたときに,自分で曲をリクエストしていいよと言われて「FFXIVより“ティターニア討滅戦:目覚めの御使い”」って。たぶん,あのラジオの中で夜中に“討滅戦”と言ったのは僕くらいなんだろなと思いました(笑)。

吉田氏:
 こういう場だと「それも仕込みかな?」と思うじゃないですか。(僕自身も)知らなかったですからね。今回の出演のお話はその後ですから。それくらい好きでいてくれるのはありがたいです。とくにFFXIVは音楽にもすごくこだわって作っているから,そこを評価してもらえたのは嬉しいです。

――改めてFFXIVの楽しさはどんなところですか。また,ご自身が友人をFFXIVに誘うとしたら,どういった部分をプッシュしますか。

神木さん:
 国とか,そういうのに関係なく,ゲームの世界で生きることができるんですよね。
 そして,ジョブというものがあり,戦闘の中で自分の役割(ロール)が必ずある。ジョブごとに立ち回りをしなきゃいけなくて,それぞれが“ここはやらなくていいや”とか“さぼっていいや”っていうところがまったくなくて,確実に動いていないとクリアできないんです。
 (パーティメンバーは)同じ敵を倒していく仲間なんだと,すごく思えます。戦闘の途中でパーティが全滅してしまうと,もう1回最初からになるんですよ。パーティが崩れちゃいけなくて,みんな同じ方向を向いているから助けたり助けられたりとか,励ましあったり。
 本当にもう1つ,過ごしている世界があるんだなと思いますし,ちゃんと自分で選んだ戦闘スタイルが合う合わないがはっきりしているから,すごく楽しいです。

吉田氏:
 もう1つの質問で,単純に神木君の友達にFFXIVを勧めるとき,なんて言いますか?

神木さん:
 僕は「現実でなかなか体験できないことを,日常に体験しに行こう」と言います。(話が)長くなりそうなんですけど,日常で悲しみや喜びという感動と出会うことって,意外とないと思うんですよ。思い浮かぶのはあるだろうけど,そんなにしょっちゅうというわけではない。
 ゲームってそれが当たり前のように体験できる。現実世界で生きているときと同じ気持ちの揺れ動きで体験できる。それが自分の中で経験になってしまう。
 本当に,そこにはプレイヤーの仲間達との友情があって,コミュニティもあって,現実世界と変わらないんですよ。そこが素敵だなと思いますし,そこをプッシュします。

吉田氏:
 それは,ゲームを作っているところからすると,最高の誉め言葉ですよ。

――FFXIVにあるスキルや魔法,召喚獣など1つだけ現実世界で使えるとしたら何を選択しますか。

神木さん:
 難しいですね。黒魔道士の“ファイジャ”とか夢があるじゃないですか。格好いいですし,強そうですし。これでいきたいんですけど,現実世界ですと使いどころが迷うなと。

吉田氏:
 現実で使ったら大変なことになるよ(笑)。

神木さん:
 黒魔道士で始めたので,その技にあこがれがあったので。回復系もいいですよね。でも,夢を見て攻撃系でいきます!

吉田氏:
 でも,これだけ忙しいと“テレポ”とか。

神木さん:
 あー,そこも?

吉田氏:
 魔法は魔法だから。1回は行かないといけないけど,あっという間に海外行けますよ。

神木さん:
 お金を払ってヒュンと。確かにテレポいいですね。テレポにしたいです!

――神木さんの人生にとって,ゲームはどのような意味があるものでしょうか。

神木さん:
 一言じゃ表せないですし,まだまだ大したことは言えないですけど,今のところ僕の中でゲームというのは,“つながり”ですね。これが合っているかは分からないですが。

 1度,吉田さんとパーティを組ませてもらってダンジョンに行きましたけど,吉田さんはこの現実世界では,吉田プロデューサーと言われる方じゃないですか。でも,パーティの中では1人の黒魔道士なんですよ。同じ目的を持って進んで行かなきゃいけない。だから,立場とかそういうのは関係なく,その世界で生きているからみんな一緒なんです。みんな一緒で仲間達と苦労だったりを共有できる。同じ話題で盛り上がれるし,もっとその人のことを知ることもできるし,知ってもらうこともできる。

 そして,会ったことがない人とフレンドとしてつながれて,どんどん仲間が増えていくというのが,僕にとって,ゲームが好きな人間として,大きいなって。もっと素敵な単語で表現したいんですけど,今の頭の中では“つながり”が限界ですね。

吉田氏:
 僕もゲーマーだから,言わんとしていることはすごく良く分かります。別に現実から逃げたいとかではなく,1人のゲーマーとしてその世界の中で仲間を見つけて,いろいろなものとつながれるということがすごく刺激だと思うし,安らぎなんだろうなと伝わってきます。そういう意味だと,今の神木君にとって“つながり”という言葉がしっくりくるんだと思います。

画像集#003のサムネイル/俳優・神木隆之介さんにとって「FFXIV」は立場に関係なく“つながれる”世界。アンバサダーに就任した神木さんへの合同インタビューを掲載

――2021年5月15日収録


「ファイナルファンタジーXIV」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ