オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

Razer(メーカー)

このページの最終更新日:2018/08/07 15:21

rss


キーワード

下線

Razer,PS4用アーケードスティックの新製品「Panthera Evo」を北米市場向けに発表。発売は2018年秋を予定

Razer,PS4用アーケードスティックの新製品「Panthera Evo」を北米市場向けに発表。発売は2018年秋を予定

 Razerは,PlayStation 4用アーケードスティックの新製品「Razer Panthera Evo」を北米市場向けに発表した。価格は199.99ドル(税別)で,発売は2018年秋を予定しているという。従来製品と比べて,天板のカスタマイズが可能になり,ボタンに独自のパーツを採用するなど変化が見られる。

[2018/08/07 15:21]

【PR】「Razer Blade 15」徹底検証。これはRazer史上最高のゲーマー向け15.6型ノートPCだ

【PR】「Razer Blade 15」徹底検証。これはRazer史上最高のゲーマー向け15.6型ノートPCだ

 2018年8月3日,フルモデルチェンジ版となる新しい「Razer Blade 15」が国内発売となった。小さく薄い15.6型筐体に,GTX 1070 Max-Qと垂直リフレッシュレート144Hz対応ディスプレイを積んできた製品だ。実際に使ってみるとその完成度には驚くほかなかったのだが,では何がスゴイのか,細かくテストした結果をお届けしたい。

[2018/08/04 12:00]

Razer,左手用「Naga Trinity」マウスのKickstarterキャンペーンを開始

Razer,左手用「Naga Trinity」マウスのKickstarterキャンペーンを開始

 北米時間2018年8月2日,Razerは,左手用ワイヤードマウス「Razer Naga Trinity Left-Handed Edition」のKickstarterキャンペーンを開始した。目標金額は99万ドルで,完成時に製品版を入手できるのは99ドル以上(※1337個限定で89ドル)の投資を行った場合となる。左手でマウスを使いたい左利きゲーマーは要チェックだ。

[2018/08/03 11:07]

「Razer Blade」の新モデルが8月3日に国内発売。15.6型に生まれ変わった完全新作

「Razer Blade」の新モデルが8月3日に国内発売。15.6型に生まれ変わった完全新作

 2018年7月25日,Razerは,主力のゲーマー向けノートPC「Razer Blade」の2018年モデルを8月3日に発売すると発表した。価格は20万9800円(税込22万6584円)から。Max-Q Design採用のGeForceや144Hzパネル,Nキーロールオーバー対応のキーボードと,14型時代から一新の冷却機構を採用する完全新作だ。

[2018/07/25 16:35]

Razer初の光学キースイッチ採用キーボード「Huntsman」が国内発売決定。上位モデル「Huntsman Elite」の価格は税込3万4560円に

Razer初の光学キースイッチ採用キーボード「Huntsman」が国内発売決定。上位モデル「Huntsman Elite」の価格は税込3万4560円に

 2018年7月20日,Razerは,新しい光学キースイッチ「Opto-Mechanical」採用のゲーマー向けキーボード「Razer Huntsman」を国内発売すると発表した。上位モデルの「Elite」は7月27日に3万4560円(税込),下位モデルの“無印”は8月31日に2万2464円(税込)で発売予定となっている。

[2018/07/20 16:29]

「Razer Mamba Elite」が光学センサーを搭載して登場。Mamba TE後継は「DeathAdder Eliteの形状違い」に!?

「Razer Mamba Elite」が光学センサーを搭載して登場。Mamba TE後継は「DeathAdder Eliteの形状違い」に!?

 北米時間2018年7月19日,Razerは新型の右手用ワイヤードマウス「Mamba Elite」の製品情報ページを公開し,世界市場へ向けて発表した。価格は89.99ドル(税別)。「Mamba Tournament Edition」の後継製品は,「DeathAdder EliteをMambaの筐体に入れてきた」と紹介するのが相応しい,光学センサー搭載モデルとなっている。

[2018/07/20 00:00]

平成30年7月豪雨の影響でノートPC「Razer Blade」の出荷に遅れ――Razerが告知

[2018/07/13 19:19]

税別約50ドルの右手用マウス「Razer DeathAdder Essential」が直販サイトで発売

税別約50ドルの右手用マウス「Razer DeathAdder Essential」が直販サイトで発売

 北米時間2018年7月9日,Razerは,ゲーマー向けの右手用ワイヤードマウス「DeathAdder Essential」を直販サイトで発売した。お馴染みのRazer DeathAdderシリーズらしい外観はそのままに,スペックをシンプルにすることで49.99ドル(税別)という販売価格を実現している。

[2018/07/10 16:47]

Razer,光学キースイッチ採用の新世代キーボード「Huntsman」発表。上位モデルではついに側面LEDを搭載

Razer,光学キースイッチ採用の新世代キーボード「Huntsman」発表。上位モデルではついに側面LEDを搭載

 北米時間2018年6月28日,Razerはゲーマー向けキーボードの新シリーズとなる「Huntsman」を発表した。新開発の光学キースイッチ「Opto-Mechanical」を採用することで,「青軸風の打鍵感と音で高速入力」の実現を狙った製品だ。上位モデルでは本体側面に数十ものLEDを搭載するという,Razerらしいギミックにも注目したい。

[2018/06/29 00:00]

「Razer Huntsman」レビュー。国内発売決定済みの日本語配列モデルで「Opto-Mechanical」キースイッチの実力に迫る

「Razer Huntsman」レビュー。国内発売決定済みの日本語配列モデルで「Opto-Mechanical」キースイッチの実力に迫る

 Razer独自にして同社初の光学キースイッチ「Opto-Mechanical」。それを採用するゲーマー向けキーボード「Razer Huntsman」が世界市場に向けて発表となったが,4Gamerではさっそくその日本語配列モデルを入手できたので,delave氏によるレビューをお届けしたい。注目の新型スイッチが気になる人は必見だ。

[2018/06/29 00:00]

リングライト付きWebカメラ「Razer Kiyo」を試す。最小限の照明でけっこうキレイに顔出し配信できるアイテムだ

リングライト付きWebカメラ「Razer Kiyo」を試す。最小限の照明でけっこうキレイに顔出し配信できるアイテムだ

 小物の撮影やポートレート撮影などで実績のあるLEDリングライトを標準搭載するWebカメラ「Razer Kiyo」。ゲームなどの配信者向けと位置づけられる本製品をテストできたので,インプレッションをお届けしたい。少なくとも「顔出し配信用」としての実力はかなり高いと言ってよさそうだ。

[2018/06/23 00:00]

Razer,ゲーム実況者向けダイナミックマイク「Seiren Elite」と左右対称形状の3ボタンマウス「Abyssus Essential」を国内発売

Razer,ゲーム実況者向けダイナミックマイク「Seiren Elite」と左右対称形状の3ボタンマウス「Abyssus Essential」を国内発売

 2018年6月22日,Razerは,ゲーム配信者向けと歌うUSB接続型ダイナミックマイク「Seirēn Elite」と,左右対称形状で「Chroma」対応のシンプルなゲーマー向けワイヤードマウス「Abyssus Essential」を6月29日に国内発売すると発表した。

[2018/06/22 14:52]

Razerの新型外付けグラフィックスボックス「Core X」が6月22日に税込3万5424円で国内発売。従来モデルより3万円近く安価に

Razerの新型外付けグラフィックスボックス「Core X」が6月22日に税込3万5424円で国内発売。従来モデルより3万円近く安価に

 2018年6月14日,Razerは,Thunderbolt 3接続型外付けグラフィックスボックスの新製品「Razer Core X」を6月22日に国内発売すると発表した。税込価格が3万5424円と,従来モデルより3万円弱安価なのが最大の特徴だ。USBハブ機能や優先LAN機能を省きつつ,3スロット仕様のカードに対応したのも見どころである。

[2018/06/14 11:00]

Razer,独自のメカニカルキースイッチとライティングシステム「Chroma」を他社に提供開始

[2018/06/05 17:40]

税別299ドルの外付けグラフィックスボックス「Razer Core X」,3スロット仕様のグラフィックスカードに対応して登場

税別299ドルの外付けグラフィックスボックス「Razer Core X」,3スロット仕様のグラフィックスカードに対応して登場

 税別299ドルで3スロット仕様のグラフィックスカードに対応するThunderbolt 3接続型外付けグラフィックスボックスの登場だ。北米太平洋時間2018年5月22日00:01,Razerが「Razer Core X」を発表した。シンプルなデザインと低価格で高い拡張性を実現したモデルは要注目と言えるだろう。

[2018/05/22 16:01]

「Razer Blade」がフルモデルチェンジ。Razerは「世界最小の15.6型ゲーマー向けノートPC」と謳う

「Razer Blade」がフルモデルチェンジ。Razerは「世界最小の15.6型ゲーマー向けノートPC」と謳う

 北米太平洋時間2018年5月22日,Razerは,ゲーマー向けノートPC「Razer Blade」のフルモデルチェンジを発表した。15.6型の新しいBladeは,GTX 1070 Max-QまでのGPUと6C12T対応CPUを17.3mmもしくは16.8mmという薄さの筐体に収めたのが見どころだ。いわく「15.6型のゲーマー向けノートPCとして世界最小」とのことである。

[2018/05/22 16:01]

ゲーム実況者向けのリングライト付きWebカメラ「Razer Kiyo」が国内発売。価格は1万6000円前後

ゲーム実況者向けのリングライト付きWebカメラ「Razer Kiyo」が国内発売。価格は1万6000円前後

 2018年5月18日,Razerは,Webカメラ「Kiyo」を5月25日に税込価格1万6000円前後で発売すると発表した。KiyoはWebカメラを取り囲むようにLEDリングライトを採用し,ゲーム配信者の顔を明るく照らせるというのがポイントだ。税込の予想実売価格は1万6000円前後である。

[2018/05/18 14:31]

Razer,LEDイルミネーション機能付きの布系マウスパッド「Goliathus Chroma」を5月25日に国内発売

[2018/05/18 13:46]

Razer,追加ボタン搭載のPC&Xbox One用ゲームパッド「Razer Wolverine」シリーズ2製品を国内発売

Razer,追加ボタン搭載のPC&Xbox One用ゲームパッド「Razer Wolverine」シリーズ2製品を国内発売

 2018年5月18日,Razerは,PCおよびXbox Oneシリーズ用のワイヤードゲームパッド「Razer Wolverine Ultimate」「Razer Wolverine Tournament Edition」を5月25日に国内発売すると発表した。両製品とも,さまざまな機能の割り当てが可能な追加ボタンを複数備える点と,カラーLEDイルミネーションを搭載する点が特徴だ。

[2018/05/18 13:42]

Razerが外付けグラフィックスボックス「Core V2」を4800円弱値上げ。新価格は税込6万4584円に

[2018/05/08 20:49]

Razer,PC用の2chスピーカー「Nommo」を国内発売。アナログ接続モデルとUSB&アナログ接続対応で光るモデルの2製品展開

Razer,PC用の2chスピーカー「Nommo」を国内発売。アナログ接続モデルとUSB&アナログ接続対応で光るモデルの2製品展開

 2018年4月26日,Razerは,ゲーマー向けの2chアクティブスピーカーセット「Nommo」を27日に発売すると発表した。ラインナップはアナログ接続の“無印”と,アナログ&USB接続対応でLEDが光る「Chroma」モデルの2種類だ。税込の予想実売価格は順に1万5000円前後,2万4000円前後となっている。

[2018/04/26 11:00]

「Razer Basilisk」レビュー。第5世代光学センサー搭載の「FPS向けマウス」は何が新しい?

「Razer Basilisk」レビュー。第5世代光学センサー搭載の「FPS向けマウス」は何が新しい?

 Razerの新しい光学センサー搭載ワイヤードマウス「Basilisk」は,とくに「FPS用」という位置づけの右手用モデルだが,同じ右手用マウスであるDeathAdderシリーズとは何が違い,何が新しいのだろう? BRZRK氏によるテスト結果をお届けしたい。

[2018/04/18 00:00]

「Razer Core V2」レビュー。Thunderbolt 3接続の外付けグラフィックスボックス第2世代モデルは何が変わったか

「Razer Core V2」レビュー。Thunderbolt 3接続の外付けグラフィックスボックス第2世代モデルは何が変わったか

 単体GPUを持たない薄型軽量ノートPCでも単体グラフィックスカードを使えるようになる,Thunderbolt 3接続の外付けグラフィックスボックス。そのジャンルを切り開いたRazerから登場した第2世代モデル「Razer Core V2」を今回は評価してみたい。果たして何が変わったのだろうか。

[2018/04/17 00:00]

Razer独自のゲーム販売サイト「Razer Game Store」がオープン。RazerStoreの割引特典やzVault関連ポイントの報酬も

Razer独自のゲーム販売サイト「Razer Game Store」がオープン。RazerStoreの割引特典やzVault関連ポイントの報酬も

 ゲーマー向けデバイスでお馴染みのRazerは,カリフォルニア現地時間の2018年4月5日,同社独自となるデジタルゲームストア「Razer Game Store」をオープンした。特徴は,同ストアやRazerの直販サイトである「RazerStore」の割引特典や,各種報酬が用意されている点。もちろんソフトの割引にも注目だ。

[2018/04/06 17:34]

「Razer Tiamat 7.1 V2」レビュー。今や貴重なリアル7.1ch出力対応ヘッドセットは誰のためのものか

「Razer Tiamat 7.1 V2」レビュー。今や貴重なリアル7.1ch出力対応ヘッドセットは誰のためのものか

 Razerのリアル7.1ch出力対応ヘッドセット第2世代モデルとなる「Razer Tiamat 7.1 V2」。「サラウンドサウンド出力はバーチャルで」というのが主流の現在にあって,あえてアナログ接続で7.1chサラウンドを実現する製品は,果たして誰のためのものなのか。サウンドデザイナーである榎本 涼氏が徹底検証する。

[2018/03/31 00:00]

Razer,サイドボタンをカスタマイズできるマウス「Naga Trinity」を国内発売。BlackWidow Ultimateの防塵防滴モデルとPS4向けワイヤレスヘッドセットも

Razer,サイドボタンをカスタマイズできるマウス「Naga Trinity」を国内発売。BlackWidow Ultimateの防塵防滴モデルとPS4向けワイヤレスヘッドセットも

 2018年2月20日,Razerは,左サイドパネルの交換によりボタン数と配置を変更できる右手用ワイヤードマウス「Naga Trinity」,防塵防滴仕様のフルキーボード「BlackWidow Ultimate 2018」,そして,PCとPS4両対応のワイヤレスヘッドセット「Thresher 7.1」を2月24日に国内発売すると発表した。

[2018/02/20 20:00]

「Razer Phone」の旧正月特別版「Gold Edition」が直販ストアで販売中。3連ヘビのRazerロゴが金色に

「Razer Phone」の旧正月特別版「Gold Edition」が直販ストアで販売中。3連ヘビのRazerロゴが金色に

 Razer製スマートフォン「Razer Phone」のカラーバリエーションモデルとなる「Razer Phone Gold Edition」が,直販ストア限定で販売中だ。Gold Editionは,本体背面のRazerロゴが金色になっていたり,製品ボックスが赤い箱にやはり金色ロゴ仕様になっていたりと,中華圏の旧正月を祝うかのような仕様になっているのが見どころとなる。

[2018/02/06 21:11]

Razer,「トップストリーマー向け」と謳うUSB接続型マイク「Seiren Elite」を世界市場で発売

Razer,「トップストリーマー向け」と謳うUSB接続型マイク「Seiren Elite」を世界市場で発売

 北米時間2018年1月30日,Razerは,ゲーム実況者向けのUSB接続型マイク「Razer Seirēn Elite」を世界市場に向けて199ドル(税別)で発売した。従来のRazer Seirēnシリーズが汎用性の高さを追求していたのに対し,今回のEliteモデルは,ゲーム実況などの配信に必要な機能に特化したスペックになっているのが特徴だ。

[2018/01/31 13:32]

Razer,薄型ノートPC「Blade Stealth」の4コアCPU搭載モデルと,外付けグラフィックスボックス「Core」の第2世代モデルを国内発売

Razer,薄型ノートPC「Blade Stealth」の4コアCPU搭載モデルと,外付けグラフィックスボックス「Core」の第2世代モデルを国内発売

 2018年1月18日,Razerは,薄型ノートPC「Blade Stealth」の4コア8スレッド対応CPU搭載モデルと,外付けグラフィックスボックスの第2世代モデル「Razer Core V2」を,2018年1月19日に国内発売すると発表した。税込価格は,Blade Stealthが19万2024円から。Razer Core V2は5万9800円となっている。

[2018/01/18 11:00]

「Razer Lancehead TE」と「Razer Ornata Chroma」が「FFXV」推奨デバイスに

[2018/01/16 16:06]

[CES 2018]Razer Phoneを填め込んで使うノートPC風コンセプトモデル「Project Linda」が登場。2.1chスピーカーと「HyperFlux」も

[CES 2018]Razer Phoneを填め込んで使うノートPC風コンセプトモデル「Project Linda」が登場。2.1chスピーカーと「HyperFlux」も

 北米時間2018目1月9日,Razerは,「Razer Phone」を填め込むとノートPC的に使えるというコンセプトモデル「Project Linda」をCES 2018の会場で披露した。久しぶりのスピーカー製品となる「Nommo」,そして充電ケーブル不要のワイヤレスマウス&マウスパッドのセット「HyperFlux」の姿も見ることができたので,まとめてレポートしよう。

[2018/01/11 13:04]

[CES 2018]Razer,ワイヤレスマウスを充電から解放するシステム「HyperFlux」発表。マウス側にはバッテリーを搭載せず軽量化し,常時給電に

[CES 2018]Razer,ワイヤレスマウスを充電から解放するシステム「HyperFlux」発表。マウス側にはバッテリーを搭載せず軽量化し,常時給電に

 北米時間2018年1月9日,Razerは,ワイヤレスマウス「Mamba HyperFlux」と,ワイヤレス給電可能なマウスパッド「Firefly HyperFlux」のセットを発表した。価格は249.99ドル(税別)で,2018年第1四半期に発売予定。マウス側にはバッテリーを搭載せず,100g以下の重量を実現したのが見どころだ。

[2018/01/10 11:56]

2017年版「Razer Blade」の4Kパネル搭載モデル,ミニレビュー。本気でゲームに使ってみた

2017年版「Razer Blade」の4Kパネル搭載モデル,ミニレビュー。本気でゲームに使ってみた

 14型のゲーマー向けノートPC「Razer Blade」。その2017年モデルにおけるバリエーションである4K液晶パネル搭載製品を入手したので,ゲーム用途に絞ったミニレビューをお届けしたい。Razerの主力機,その実力はどれほどだろうか。

[2018/01/06 09:00]

注目のホイール付き左手用キーパッド「Razer Tartarus V2」本日発売。ひとまず光らせてみた

注目のホイール付き左手用キーパッド「Razer Tartarus V2」本日発売。ひとまず光らせてみた

 2017年12月23日,Razerの左手用キーパッド新製品「Razer Tartarus V2」が発売日を迎えた。20キーとクリックボタン機能付きスクロールホイール,D-Padを搭載する仕様により,広く注目されていた製品だ。4Gamerでは発売に合わせて製品版を入手できたので,まずは速報として,光らせてみた結果をお伝えしたい。

[2017/12/23 00:00]

ホイール付き左手用キーパッド「Razer Tartarus V2」が12月23日に国内発売決定。RazerのPS4対応ヘッドセットやマイクなども同時に

ホイール付き左手用キーパッド「Razer Tartarus V2」が12月23日に国内発売決定。RazerのPS4対応ヘッドセットやマイクなども同時に

 2017年12月15日,Razerは,ゲーマー向け左手用キーパッド「Tartarus V2」とヘッドセット3製品,マイク1製品を12月23日に国内発売すると発表した。Tartarus V2は,世界市場向けの発表時にも国内で大きな話題を呼んだだけに,待ち望んでいた人も多そうだ。

[2017/12/15 11:00]

「Vainglory」を開発したSuper Evil MegacorpとRazerが戦略的パートナーシップを締結

[2017/12/08 14:59]

Razerも「ゲーマー向け無線LANルーター」市場に参入。ベンチャー企業との共同開発で,「ゲーム向けに最適化」と謳う

Razerも「ゲーマー向け無線LANルーター」市場に参入。ベンチャー企業との共同開発で,「ゲーム向けに最適化」と謳う

 ついにRazerが「ゲーマー向け無線LANルーター」市場へ参入だ。北米時間2017年12月7日,同社は,ベンチャー企業との共同開発となる製品「Portal WiFi Router」を直販サイトで発売した。直販価格は149.99ドル(税別)。既存の無線LANルーターに,Razerがゲーム用の最適化を行ったもののようである。

[2017/12/08 12:53]

Razer,e-Sports向けのアナログ接続型ヘッドセット「Thresher TE」を国内発売。楕円型イヤーパッド採用の「Kraken 7.1 V2 Oval」も

Razer,e-Sports向けのアナログ接続型ヘッドセット「Thresher TE」を国内発売。楕円型イヤーパッド採用の「Kraken 7.1 V2 Oval」も

 2017年11月17日,Razerは,PCおよび据え置き型ゲーム機用のアナログ接続型ワイヤードヘッドセット「Thresher Tournament Edition」と,「Kraken 7.1 V2」のバリエーションとなる楕円形イヤーパッド採用モデルを11月25日に国内発売すると発表した。税込の予想実売価格は順に1万5000円前後,1万4000円前後となっている。

[2017/11/17 11:00]

ホイールの抵抗を調整できる「FPS向け」ワイヤードマウス「Razer Basilisk」,11月25日に国内発売

ホイールの抵抗を調整できる「FPS向け」ワイヤードマウス「Razer Basilisk」,11月25日に国内発売

 2017年11月17日,Razerは,光学センサー搭載の新型ワイヤードマウス「Basilisk」を,11月25日に8800円(税込9504円)で国内発売すると発表した。FPSゲーマー向けとされるBasiliskは,底面のダイヤルでスクロールホイール回転時の抵抗を調整する機能と,着脱,交換可能な追加ボタン「DPI clutch」を備えるのが特徴だ。

[2017/11/17 11:00]

「Razer BlackWidow Ultimate」が防塵防滴仕様でリニューアル

「Razer BlackWidow Ultimate」が防塵防滴仕様でリニューアル

 北米時間2017年11月14日,Razerは,ゲーマー向けワイヤードキーボード「BlackWidow Ultimate」の2017年モデルを発表した。新しいBlackWidow Ultimateは,防塵・防水の保護規格「IP54」に準拠しており,粉塵や水の飛沫に対して耐性を持つという。直販価格は109.99ドル(税別)だ。

[2017/11/15 12:55]

「Razer Blade Pro」ノートPCの2017年モデルを試す。薄型メカニカルキースイッチはとにかく素晴らしく,これだけでも買う価値がある

「Razer Blade Pro」ノートPCの2017年モデルを試す。薄型メカニカルキースイッチはとにかく素晴らしく,これだけでも買う価値がある

 Razer製ノートPCのフラグシップである17.3インチ液晶搭載モデル「Blade Pro」。その2017年モデルを入手できたので,テスト結果をお伝えしたい。4K&G-SYNC対応のIGZOパネル,そしてRazer独自の薄型メカニカルキースイッチを採用する最新型は,ゲーマーに何をもたらしてくれるだろうか。

[2017/11/13 00:00]

「Razer Blade V6」の4K液晶パネル搭載モデルが国内発売決定。ストレージ容量512GBモデルで30万円弱から

「Razer Blade V6」の4K液晶パネル搭載モデルが国内発売決定。ストレージ容量512GBモデルで30万円弱から

 2017年11月7日,デジカは,Razerのゲーマー向けノートPC「Razer Blade V6」に,14インチサイズで4K解像度のIGZO液晶パネルを採用したモデルを,2017年11月8日にRazer直販サイトで発売すると発表した。税込の予想実売価格は,内蔵ストレージ容量512GBモデルが30万円弱となっている。

[2017/11/07 15:59]

Razer,サイドボタンの数を変えられるマウス「Naga Trinity」を発表。スクロールホイールを装備した左手用キーパッド「Tartarus V2」も

Razer,サイドボタンの数を変えられるマウス「Naga Trinity」を発表。スクロールホイールを装備した左手用キーパッド「Tartarus V2」も

 北米時間2017年11月3日,Razerは,右手用ワイヤードマウス「Naga Trinity」と左手用ワイヤードキーパッド「Tartarus V2」を発表した。MMOおよびMOBA向けとされる両製品だが,Naga TrinityはMMOやMOBAといった目的に合わせてサイドボタンを変更可能。Tartarus V2は,従来製品よりも多くのキーとスクロールホイールの装備が特徴だ。

[2017/11/06 13:30]

Razerが同社初のAndroidスマートフォン「Razer Phone」を発表。リフレッシュレート120Hz対応のIGZO液晶パネルを採用

Razerが同社初のAndroidスマートフォン「Razer Phone」を発表。リフレッシュレート120Hz対応のIGZO液晶パネルを採用

 英国時間2017年11月1日,Razerは,同社初のAndroidスマートフォンとなる「Razer Phone」を発表した。Razer Phoneは,5.7インチサイズで解像度1440×2560ドット,最大リフレッシュレート120Hzに対応するIGZO液晶パネルを採用するのが特徴で,ハイエンドSoC「Snapdragon 835」と容量8GBのメインメモリを搭載するのもポイントである。

[2017/11/02 05:59]

Razer,ゲーム実況者向けのLEDリングライト付きWebカメラとスタンドマイクを発表。汎用性重視のヘッドセット2製品も

Razer,ゲーム実況者向けのLEDリングライト付きWebカメラとスタンドマイクを発表。汎用性重視のヘッドセット2製品も

 北米時間2017年10月20日,Razerは,ゲーム実況配信者向けの周辺機器として,Webカメラ「Kiyo」とUSB接続型のマイク「Seirēn X」を発表した。Kiyoは,話者の顔を明るく照らすLEDリングライトを備えるのが特徴で,一方のSeirēn Xは,既存のSeirēnシリーズよりもシンプルなデザインと機能を採用した廉価版と言うべき製品だ。

[2017/10/23 16:10]

Razer,リアル7.1chサラウンドヘッドセット「Tiamat 7.1 V2」と2.1chヘッドセット「Tiamat 2.2 V2」を10月31日に国内発売

Razer,リアル7.1chサラウンドヘッドセット「Tiamat 7.1 V2」と2.1chヘッドセット「Tiamat 2.2 V2」を10月31日に国内発売

 2017年10月20日,Razerは,ゲーマー向けワイヤードヘッドセット「Tiamat 7.1 V2」と「Tiamat 2.2 V2」を2017年10月31日に国内発売すると発表した。Tiamat 7.1 V2は,左右に5基,合計10基のスピーカードライバーを内蔵したリアル7.1ch出力対応,Tiamat 2.2は左右に2基ずつ搭載した2.1ch出力対応ヘッドセットである。

[2017/10/20 11:00]

Razer,薄型ノートPC「Blade Stealth」に4C8Tの「Core i7-8550U」搭載モデルを追加。「Razer Core」の第2世代モデルも

Razer,薄型ノートPC「Blade Stealth」に4C8Tの「Core i7-8550U」搭載モデルを追加。「Razer Core」の第2世代モデルも

 北米時間2017年10月17日,Razerは,ゲーマー向け薄型ノートPC「Blade Stealth 13”(2017)」に,Kaby Lake-U世代の4コア8スレッド対応CPU「Core i7-8550U」を搭載するモデルの販売を開始した。また同時に,外付けグラフィックスボックス「Razer Core」の第2世代モデルも発表している。

[2017/10/18 20:19]

[TGS 2017]Razerの新しい「Yellow」キースイッチはFPS&MOBA特化型――製品担当者が語る

[TGS 2017]Razerの新しい「Yellow」キースイッチはFPS&MOBA特化型――製品担当者が語る

 東京ゲームショウ2017にブース出展したRazerは,国内未発表のゲーマー向け10キーレスキーボード「Razer BlackWidow Tournament Edition Chroma V2」を展示していたが,本機で選択できるキースイッチに「Razer Yellow」がある。この新しいスイッチは果たしてどのようなものか,担当者に聞いてきたので,レポートしたい。

[2017/09/27 20:53]

Razer,カナル型ヘッドセット「Hammerhead」のBluetooth対応版を発売

[2017/09/22 11:36]

[TGS 2017]これこそがゲーマーの秘密基地!? LEDイルミネーション機能「Chroma」による「新しいゲーム部屋のありかた」をRazerが提案

[TGS 2017]これこそがゲーマーの秘密基地!? LEDイルミネーション機能「Chroma」による「新しいゲーム部屋のありかた」をRazerが提案

 Razerは,独自のLEDイルミネーション機能「Chroma」で実現する,新しいゲーム部屋のライティングに関するデモを,東京ゲームショウ2017で実施中だ。まもなく,もしくは年内に実装予定とされる新機能でを駆使することで,Chromaがどう進化する見込みなのか垣間見られるものになっていたので,紹介したい。

[2017/09/22 01:14]
さらに記事を探す

Razer

ジャンル
  • 入力デバイス
  • サウンド
  • PC本体
発売元 Razer(メーカー)
発表日 -

  • Amazonで買う

トピックス
スペシャルコンテンツ